Soundtrack Pro


[ 目次 ]

録音


録音

● 録音の準備をする。
 → USB あるいは Firewire のオーディオインターフェースを Macintosh に接続します。

*** オーディオインターフェースは、メディア工房で借りることができます。


 → [アップルメニュー] - [システム環境設定] - [サウンド] にて、[入力] を現在接続しているオーディオインターフェースに設定します。
 → [Soundtrack Pro メニュー] - [環境設定] - [録音] - [入力] にて、[デバイス] を現在接続しているオーディオインターフェースに設定します。
 → [Soundtrack Pro メニュー] - [環境設定] - [録音] - [セッションの保存先] にて、[選択] ボタンをクリックし、録音されたオーディオの保存先を指定します。STORAGE の自分のフォルダを指定して下さい。
 → [Soundtrack Pro メニュー] - [環境設定] - [プロジェクト] にて、[サンプルレート] と [書き出し時のビット数] を設定します。

*** CD にする場合は、最終的に、サンプルレートは 44100Hz、ビット数は16ビットにする必要があります。DV編集用の場合は、サンプルレートは 48000Hz、ビット数は16ビット。


● オーディオの録音をする。
 → ステレオファイルとして録音したい場合は、[録音パネル] にて、[ステレオ] にチェックを入れます。
 → トラックの [録音待機ボタン] (赤いやつ) をクリックしアクティブ (録音可能状態) にします。
 → 録音を開始したい位置に再生ヘッドを移動させます。
 → トランスポートの [録音ボタン] をクリックし、録音を開始します。
 → 録音中に、レベルメターが 0db を超えると、ピークインジケータが赤く点灯します。その場合は、音がひずんだり、割れたりしますので、オーディオインターフェースで、音量を適正に調節してから、録音をやり直して下さい。
 → 録音を停止するには、もういちど録音ボタンをクリックします。